blazor wasm版の公開

blazor wasm版を公開してみた。
こちらは、blazor Server Side版と異なり、dotnet publishで作成されたフォルダをそのまま、Webサイトにコピーするだけだ。

ただし、Web Assembly(.wasm)のMimeタイプをWebサーバに登録する必要がある。

とりあえず、コピーするフォルダだが、以下となる。

<アプリケーションルート>/bin/Release/<対象フレームワーク>/publish/<アプリケーション名>/dist

このフォルダーの中身を全て、HTTPサーバの公開フォルダにコピーする。

なお、公開する際に気を付けなければいけないのは、wwwroot/index.html中の<basse>タグの扱いだ。デフォルトでは、<base href=”/”>となっていて、HTTPサーバのドキュメントルートを使用する設定になっている。コンテンツの配置先が、サブフォルダの場合、このままでは、ルーティングできないため、エラーとなってしまう。その場合は、<base>タグの値をサブフォルダ込みに変更しよう。

また、HTTPDの設定だが、Apache HTTPDの場合、以下のような設定追加が必要。

    # Mime Typeの追加
    AddType application/wasm .wasm
    AddType application/octet-stream .dll
    # 圧縮の設定(必須ではないが、MSのサイトには例として載っている)
    <IfModule mod_deflate.c>
        AddOutputFilterByType DEFLATE text/css
        AddOutputFilterByType DEFLATE application/javascript
        AddOutputFilterByType DEFLATE text/html
        AddOutputFilterByType DEFLATE application/octet-stream
        AddOutputFilterByType DEFLATE application/wasm
        <IfModule mod_setenvif.c>
            BrowserMatch ^Mozilla/4 gzip-only-text/html
            BrowserMatch ^Mozilla/4.0[678] no-gzip
            BrowserMatch bMSIE !no-gzip !gzip-only-text/html
        </IfModule>
    </IfModule>

以上で、blazor wasm版をHTTPD経由でアクセスする事が可能となる。
ちなみに、今回公開したのは、下記URL。
http://blazor.ohwaki.jp/canvas

以上、blazor Server Side版より簡単に公開可能。

takezou について

ソフトウェア開発会社(ITと言う言葉は大嫌い)で働く、元技術者。 未だに、社内システム位は作ってますが・・・ プログラミング言語はC#が好き。
カテゴリー: asp.net core, Blazor, dotnetcore, 技術系 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください