VSCode Remote-SSHでリモートファイル編集

最近、Linux VPS上に(趣味で)でC#コードやHTMLを書く事が多い。

最初はvim等を使っていたが、もう少しいい方法がないものかと探していたら、Windowsクライアントで使用している、VSCodeからSSH経由でリモートファイルの編集が可能な、Remote-SSHという拡張機能を見つけた。

前提条件として、リモート側にVSCodeがインストールされていることと、クライアントからSSH接続が可能なこと。

まず、ローカル側のVSCodeにRemote-SSH拡張機能をインストール。

後は、メニューの[表示]-[コマンドパレット](Ctrl-Shift-p)で、コマンドパレットを開き、Connect to Host…を選ぶと、接続先を聞いてくるので、<リモートのユーザ名>@<ホスト名あるいはIP>と言う形で入力すると、新しいVSCodeウィンドウが開き、リモートユーザのパスワードを尋ねてくるので、パスワードを入力すればリモートとの接続が完了し、リモートファイルやリモートディレクトリの編集が可能となる。

なお、接続する、「リモートユーザ@ホスト名」は保存することが可能。

リモートのVSCodeに拡張機能を入れておけばコンパイルやデバッグも可能となる。

takezou について

ソフトウェア開発会社(ITと言う言葉は大嫌い)で働く、元技術者。 未だに、社内システム位は作ってますが・・・ プログラミング言語はC#が好き。
カテゴリー: 技術系 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください