asp.net coreアプリをIISへ公開する

asp.net coreアプリをWindows Serverの標準HTTPDである、IIS(Internet Information Server)へ公開する手順を調べて、実際に公開してみた。(Visual Studioではなく、手動)

まず、IISが動作するサーバに Windows Hosting Bundleをインストールする必要がある。dotnet core 3.1の場合は、このページのWindows Hoting Bundleをダウンロードし、インストール。

次に、asp.net core用のアプリケーションプールを作成。
「マネージコードなし」に指定するのを忘れずに。

後は、IISがアクセス可能なディレクトリを作成して、そこに、

dotnet publish <プロジェクト名> --configuration Release

で作成したファイル(bin\Release\<フレームワーク>\publish\*.*)をコピー。

そのディレクトリをIISのアプリケーションとして登録。
この時、先程作成した、アプリケーションプールを指定する。

これで、公開は完了。
ただし、一度アプリが動作すると、一部ファイルがオープンされっぱなしになるようで、再度コピーしようとすると、netcoreが使用中とのメッセージが出力される事があるが、runtime dllなので無視しても大丈夫だと思うけど、心配ならば、一度アプリケーションプールを再起動してからコピーすれば良い。

takezou について

ソフトウェア開発会社(ITと言う言葉は大嫌い)で働く、元技術者。 未だに、社内システム位は作ってますが・・・ プログラミング言語はC#が好き。
カテゴリー: asp.net core, Windows, 技術系 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください