asp.net core 3.1 preview 2 – blazor wasm app

dotnet core 3.1 previewでWeb Assemblyのみで動作する、Blazor WebAssembly Appが開発できるようになった。

dotnet core 3.0まではBlazor Server Appつまり、サーバーサイドで、.netの処理を行い、クライアント(ブラウザ)と通信を行って、結果を表示する方式のものしか開発できなかったのだが、Blazor WebAssembly Appでは、サーバーにアクセスするのは、ページロード時のみで、ページが読み込まれた後は全てクライアント側のWebAssembly中で処理が行われる。

Server AppとWebAssembly Appのソースは基本的に互換性があるようだ。(ただし、.netライブラリによってはサポートされないものもある)

試しに、Server Appのrazorページをコピーしてみたら、キチンと動作した。

Server Appと比べてbuildに時間がかかるのと、生成されるWebAssemblyのサイズが大きいためか、最初のページローディングには少々時間がかかる点が気になるが、一度ローディングしてしまえば、クライアント側で全て処理するので、処理している間にWebサーバーが落ちてしまっても問題無い。(実際にロード後にサーバーを落としてみたが、問題無く動作した。)

結構面白い技術だね。

takezou について

ソフトウェア開発会社(ITと言う言葉は大嫌い)で働く、元技術者。 未だに、社内システム位は作ってますが・・・ プログラミング言語はC#が好き。
カテゴリー: asp.net core, Blazor, C#, dotnetcore, 技術系 パーマリンク

1 Response to asp.net core 3.1 preview 2 – blazor wasm app

  1. takezou のコメント:

    ちなみに、AndroidのChromeでも動作するのを確認。(エミュレータ上だけど)
    Web Assemblyのサイズが大きくなると大丈夫かどうか分からないけど・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください