2022/06 Windows Update不具合について

2022/06のWindows UpdateをWindows Server 2012 R2に適用したところ、以下のような不具合が出た。Web検索してみたのだけど、同じ現象は引っかからなかった。同じような運用をしている絶対数が少ないのだろうか。最初はサーバそのものの問題だと思ったのだが、2台に適用して、両方とも同じ現象が起きたので、Windows Updateのせいだろう。

環境
Windows Server 2012 R2 + RAS(VPN+ルーティング構成)

現象
RASを起動しても、VPNが繋がらない。また、RASを起動すると、そのサーバーからLAN上のリソースが見えなくなる。また、他のマシンからのRDP接続も不可となる。

クライアントの方はWiFiスポット云々とか言う現象が起きているようだが、ルーティング関連の不具合だろうか・・・

※Windows Updateをアンインストールすると、キチンと動作する。ただ、時間が無くて、3つインストールされている内のどれが問題なのか迄は把握できていない・・・
実際に稼働しているシステムなので、あまり時間がとれないので・・・

MSもちゃんと試験してからリリースして欲しいものだ。

takezou について

ソフトウェア開発会社(ITと言う言葉は大嫌い)で働く、元技術者。 未だに、社内システム位は作ってますが・・・ プログラミング言語はC#が好き。 好きなことだけ拾って投稿しているので、内容にはあまり期待しないでねw
カテゴリー: Windows Update パーマリンク

2022/06 Windows Update不具合について への1件のフィードバック

  1. takezou のコメント:

    とりあえず、7月のWindows Updateで修正されたようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください