GitLabのデフォルトブランチ

昨年あたりから、GitLabを使用しているのだが、最近、ローカルのプロジェクトをpushして、そこからcloneを作ろうと思ったら、

warning: remote HEAD refers to nonexistent ref, unable to checkout.

という、警告が出て、ソースがチェックアウトされない状況。

色々、調べた結果GitLabのデフォルトブランチ名がmasterからmainに変更されたためのようだ(変更は可能)。確かに、githubではmasterからmainへ変更するような事が書かれており、それに伴って、GitLabでもデフォルトブランチ名をmainに変更したのだろう。

つまり、上記の変更以降に作成されたプロジェクトをgit cloneで取得する場合、デフォルトで、mainブランチを持ってくるということになってしまっていて、ローカルで作成したmasterブランチはデフォルトではチェックアウトできない。

git clone -b masterとすれば、問題無くcloneできるのだが、あまり綺麗じゃ無いな。

やはり、ローカル側のgitのデフォルトブランチ名をmasterからmainに変更すべきなのだろう。git configコマンドで、–systemか–global(私の環境では、systemで設定されていた)

init.defaultbranch master

をmainに変更すればいいだけのようだし・・・

結構、いきなり動かなくなったので、色々焦ってしまったよ・・・

takezou について

ソフトウェア開発会社(ITと言う言葉は大嫌い)で働く、元技術者。 未だに、社内システム位は作ってますが・・・ プログラミング言語はC#が好き。
カテゴリー: 技術系, 開発環境 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください