dotnet watchを使用した動的なWeb開発

.NET6から実行中にソースコードを変更すると、即時に動作が変更される、所謂ホットリロード機能が本格的に取り入れられた。

ロジックなどの変更にも対応しているが、Webアプリの画面デザイン等の変更⇒確認の流れが非常に楽になるので、お薦め。

Visual Studio 2022などでは、VSのUIからホットリロードモードに変更することが可能だが、これは裏でdotnet watchコマンドが実施されている。

Visual Studio Codeでホットリロードを行いたい場合は、dotnet watchコマンドでイメージを起動すれば同じようにプロジェクト中のソースコードなどが変更された場合、ホットリロードで画面やロジックなどが即座に変更される。(ホットリロード対応できない場合は再起動するかどうか聞いてくる)

下記はwebappテンプレートで作成されたIndex.cshtmlだが、dotnet runの代わりにdotnet watchコマンドで起動し、ソース(Index.cshtml)を変更しただけで、即座に画面に反映される。CSSファイルの内容変更などでも、同様である。

編集前
Index.cshtmlを編集して保存

特に、フォームやロジックを構築後にデザインのみを色々と試したい時などに便利。

ちなみに、この状態から、<form>タグを追加して、POSTハンドラを.cshtml.csに追加しても、再起動必要なく、反映させることができた。

うまく使うことによって、開発効率が上がるのではないかと思う。

takezou について

ソフトウェア開発会社(ITと言う言葉は大嫌い)で働く、元技術者。 未だに、社内システム位は作ってますが・・・ プログラミング言語はC#が好き。
カテゴリー: .NET, C#, Web, 技術系, 開発環境 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください