MBRからGPTへの変換

今秋位にWindows11がでるらしいので、自宅のPCでWindows11が動作するか、MS.謹製のツールで確認してみたところ、NGとなった。

4年前ぐらいに作ったPCで、Intelの第8世代Core i7だったので、行けると思っていたのだが・・・

MS.謹製のツールでは何が悪いか細かく出てこないので、このツールを使ってチェックしてみたところ、BootがBIOSモードでGPTのボリュームが存在していないと表示された。(それ以外はOK)

原因はBIOS設定のCSM有効のまま、Windowsをインストールしたためのようだ。デフォルトがそうなっていたかどうかは忘れたが、そのせいでWindowsはMBRモードでインストールされていた。

それじゃぁ、MRRをGPTに変換してみようということで、変換にチャレンジ。

まずは、EaseUS(商用版)でチャレンジ。PEイメージを作成して、DVDからブート後、イメージバックアップを取ってから、GPTへの変換を行ってみた。途中まではうまく変換されているようだが、「不明なエラー」が表示されてNG。

仕方ないので、他の方法を探してみる。

ググってみると、mbr2gptというMS謹製のコマンドがあるらしい。

まず、GPTに変換できるかをチェックする。

> mbr2gpt /validate /disk:1 /allowFullOS
MBR2GPT: Attempting to validate disk 1
MBR2GPT: Retrieving layout of disk
MBR2GPT: Validating layout, disk sector size is: 512 bytes
MBR2GPT: Validation completed successfully
>

/disk:n でディスク番号を指定する(上記はバックアップした媒体に対してチェックしてみた)。

最後に「MBR2GPT: Validation completed successfully」と表示されたら、変換可能。

で、バックアップしてあるので、早速変換をかけてみた。

> mbr2gpt /convert /disk:0 /allowFullOS

すると、以下のようなエラーが・・・

MBR2GPT: Failed to update ReAgent.xml, please try to manually disable and enable WinRE

で、またまたググってみると、こんな動画が見つかった(英語です)。

見進めていくと、同じエラーが出た後、リブートして、BIOS設定でCSMを外してUEFIブートに変更(こればかりはBIOSメーカーによって違うから、自分で項目を探さないとだめだが)後、保存してWindowsを起動する。

ちゃんと再起動ができれば、GPTへの変換は完了している。

もしかしたら、EaseUSのエラーもこれだったのかも。動いているから、もう一度確かめるつもりはないが、他のPCで試してみようか。

で、オープンソースの互換性チェックをかけたら、ALL Green。ついでに、MS.謹製のツールでもチェックしてみたら、Windows11にアップグレード可能と出ましたとさ。

takezou について

ソフトウェア開発会社(ITと言う言葉は大嫌い)で働く、元技術者。 未だに、社内システム位は作ってますが・・・ プログラミング言語はC#が好き。
カテゴリー: Windows, 技術系 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください