Windows TerminalでSSH接続プロファイルを作成してみる

Windows Terminalとは、Mircosoft Storeで入手できる、Microsoft社製の無料のTerminalアプリケーション。

インストールすると、デフォルトで、Powershellとコマンドプロンプトおよび、wslのディストリビューションがインストールされていれば、そのプロファイルが自動追加され、メニューより選択してコンソールを開く事が可能となる。

ちなみに、メニューから「設定」を選ぶと、所謂設定画面ではなく、jsonファイルが拡張子が関連づけられたエディタで開く。このファイルを編集することにより、プロファイル毎に背景色を変更したりすることが可能である。

ただ、自動的に設定されるのは、ローカルリソースのみなので、手動にてSSHでリモートに接続するプロファイルを作成してみた。

Windows10では2017年10月のFall Creators Updateからsshクライアントが標準でサポートされているので、新しいプロファイルを作成して、起動コマンドとして、”commandline”にsshを指定してあげれば良い。

{
    "$schema": "https://aka.ms/terminal-profiles-schema",
    "alwaysShowTabs" : true,
	・・・
    "profiles" : 
    [
		・・・
        {
            "acrylicOpacity" : 0.8,
            "background" : "#102040",
            "closeOnExit" : true,
            "colorScheme" : "Campbell",
            "commandline" : "ssh <username>@<host>",←SSHでリモートホストに接続
            "cursorColor" : "#FFFFFF",
            "cursorShape" : "bar",
            "fontFace" : "Consolas",
            "fontSize" : 16,
            "guid" : "{XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX}",←GUIDジェネレータ等で取得
            "historySize" : 9001,
            "icon" : "ms-appx:///ProfileIcons/{9acb9455-ca41-5af7-950f-6bca1bc9722f}.png",
            "name" : "SSH-Connect(<host>)",
            "padding" : "0, 0, 0, 0",
            "snapOnInput" : true,
            "useAcrylic" : true
        },
		・・・
	]
	・・・
}

(←・・・の部分は実際には書いてはいけない)

上記を保存して、メニューからそのプロファイルを選択してみる。

見事ログインできましたとさ。

今までは、Teratermを使っていたけれど、このアプリ1個開いておけばCMDやPowershellなどとの操作切替が楽なので、今後はこれを使おうかな。

ちなみに、同じプロファイルのタブを複数開くことも可能です。

takezou について

ソフトウェア開発会社(ITと言う言葉は大嫌い)で働く、元技術者。 未だに、社内システム位は作ってますが・・・ プログラミング言語はC#が好き。
カテゴリー: Windows, 技術系, 開発環境 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください