Windows10 Fall Creators Update

Windows10 Fall Creators Updateで、Windows Subsystem for Linuxが正式にサポートされて、Microsoft StoreからUbuntuやopenSUSEがインストールできるようになったので、ちょっとお試し。

UbuntuとopenSUSEにmonoをインストールして、WindowsにはフリーのX Server “Xming”をインストールの後、同じソースをWindows,Ubuntu,openSUSEで動作させてみた。

↓同じソースをWindows,Ubutu,openSUSEでコンパイルして、実行してみた結果。

ちなみに、Ubuntuでは、デフォルト状態で動作したが、openSUSEでは、x-windowの日本語フォントをインストールしないと、実行時にFontFamily Not Found Exceptionが発生する。

takezou について

ソフトウェア開発会社(ITと言う言葉は大嫌い)で働く、元技術者。 未だに、社内システム位は作ってますが・・・ プログラミング言語はC#が好き。
カテゴリー: Windows, 技術系 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です