scriptcs

Windows Azure SDKチームのプロジェクトマネージャGlenn Block氏始めたサイドプロジェクトで、C#をスクリプトとして使おうというもの。

スクリプトはC#の文法を理解している人なら、普通のテキストエディタで作成することができ、MicrosoftのRoslyn(compiler as a service)を使用して、コンパイル~実行が可能である。
必要なコンポーネントがローカルに無い場合は、NuGetを使用してコンポーネントのインストールを行う事で、コンパイル,実行が可能となる。

スクリプト中に#loadを指定することにより、別ファイルを取り込む事も可能(C言語のincludeと同等の機能)や#rによるAssemblyの参照指定も可能。(AssemblyはGACまたはDLLファイル直接指定で指定可)

使ってみたところ、結構良さげなのだが、日本語の扱いに少々問題があるようだ。日本語をコード内で使用するばあい、ファイルのエンコーディングがutf8でなければ化けてしまう。まぁ、それさえ気をつければC#の機能をフルに使用できるので、いいんじゃないかな。

たけぞう

たけぞう について

某ソフトウェア開発会社勤務。 開発の仕事は卒業しますた。 ・・・と思ったら、また開発に逆戻り(^^; ・・・と思ったら、また卒業らしい・・・
カテゴリー: .NETフレームワーク, C#, 技術情報 パーマリンク

scriptcs への1件のフィードバック

  1. ももんが のコメント:

    スクリプトとして、致命的な点を発見?
    基本的に、スクリプトの引数を取得できない模様。
    やっぱり、ファイル処理とか行うには必要だよねぇ・・・
    ちょっと調べただけだから、何か方法があるのかもしれないけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です